アミカ・エコテック
お問合せ先
株式会社アミカ・エコテック
大阪本社
TEL:06-6569-2719
FAX:06-6569-2720
東京営業所
TEL:03-5988-9719
FAX:03-5988-9720
メールアドレス
提携施工店募集!
一流メーカーの水周りが全品卸値価格 空気の学校
在宅医療サポート協会
備品資材市場

アミカ・エコテックは、経済効率を犠牲にせずに取り組める環境への貢献を提案します。

 
環境問題
地球温暖化対策 ~CO2を削減~

I 地球温暖化

地球温暖化のメカニズム 原因
太陽の光により温められた地面が放出する熱(赤外線)を温室効果ガスが吸収し大気を暖めています。 温室効果ガスの濃度が高まり熱の吸収が増えると、気温が上昇し地球が温暖化します。


温室効果ガス
温室効果ガスの主な成分として二酸化炭素(CO2)などがあります。 CO2の濃度は産業革命以降に上昇を続けており、産業革命前に比べて3割も増加しています。

温室効果ガスの成分

地球温暖化が及ぼす影響

国の大半が沈んでしまいそうなキリバス共和国 氷河や南極の氷が溶けて海面水位が上昇
この100年で海水面は15cm上昇し、今後100年で更に9~88cm上昇し、その後も上昇していくと言われています。


異常気象が多発する
温暖化が進むと、気候が極端化すると言われています。集中豪雨などが増え洪水が頻発したり逆に雨が極端に少なくなり干ばつが起こるなど、異常気象の被害が大きくなると予想されます。また台風の規模も大きくなると考えられています。

※この他にもさまざまな影響を与えています

▲ページTOPへ



II 化石燃料の枯渇

燃料における日本の現状

  • エネルギー資源に乏しい
  • エネルギーの大半を輸入に依存している(約80%が中東より輸入)
エネルギーの安定供給

化石燃料の可採年数
石油 約41年
天然ガス 約67年
石炭 192年

採掘できると言われている年数

▲ページTOPへ



III オゾン層の破壊

オゾン層 オゾン層とは
地球の上空10~50kmの成層圏に存在しているオゾンの層です。
紫外線などの有害な放射線から地球を守るバリアの役目をしています。

破壊の原因
フロン等の物質が成層圏で分解して発生する塩素原子等がオゾン分子を分解させる触媒としての作用を果たしてオゾン層を破壊します。

オゾン層の破壊が続くと・・・?

人体への深刻な影響
白内障という目の病気や免疫機能の低下、皮膚がんの増加など。

農作物への影響
紫外線が増えると農作物の収穫量は減ると言われており、特に大豆が紫外線の影響を受けやすい。

水中生物への被害
水面近くの小魚やプランクトンは被害を受けやすく死んでしまう。

▲ページTOPへ



IV 森林破壊森林現象が続くと・・・?

森林破壊の原因

  • 森林伐採
  • 酸性雨による破壊
  • 土壌の酸性化
  • 大気汚染 など
伐採され焼き払われた森林

1960~90年 約4億5000万haの熱帯林が消失 
⇒ 日本の国土の約12倍

1990~95年 年間約1290万haの熱帯林が消失 
⇒ 日本の国土の約1.7倍

森林破壊を防ぐため、私たちにもできる事は?
  • 再生紙の利用
  • いらない紙をメモ用紙に利用
  • 紙を裏表利用する など

▲ページTOPへ



V 酸性雨

原因
車の排ガスや工場からの排煙が大気中で硝酸や硫酸の微粒子へと変化する為。

酸性雨によって腐食した石像

酸性雨が及ぼす影響

  • 土壌が酸性化
  • 河川・湖沼の生物の死滅
  • 森林の枯死
  • 歴史遺産への被害
酸性雨を防ぐ為、私たちにもできる事は?
  • 無理にアクセルを踏んで、急発進や急加速をしない。
  • 空ぶかしをしない。
    アイドリング状態で止まっているときはエンジンを切る(5分)。
  • オイルを点検する。

▲ページTOPへ



水質浄化 ~洗剤を約半分に減らす~

昨今、中国の食品が非常に問題になっています。またCO2に対する規制は、車などを中心に厳しくなっていますが、排水への規制も強まっています。

水質浄化

このことからも、科学物質を垂れ流すことが、いかに怖いかという認識は一般に広まっていると言えます。その中でも洗剤の量を減らすことは、有効な対策のひとつです。

マイナス帯電の技術を使った飲食店の導入例では、洗剤を約半分に減らすことに成功しています。

企業にとってコストを削減しながら、水質汚染の原因を減らすことは十分に可能なことなのです。


▲ページTOPへ



住宅の高資産、長寿命化 ~良いものを長く使う~

住宅の高資産、長寿命化 英国での住宅の寿命は75年、米国で44年と言われています。それに対して日本の住宅の寿命は30年です。日本では、住宅は20年で価値が無くなるといった考え方が強く、大量生産・大量消費の住意識が根本に残っています。

しかし、住宅の寿命が短いことにより、以下の弊害が起こります。まず、世代ごとに新築をしていては、住宅ローンの負担が多くなるということです。もうひとつは、家を解体し廃棄物を多く出して、建替えること自体が環境に負荷をかけるということです。私たちは「良いものを長く使う」という価値観に転換をするべき時に来ているのではないでしょうか。

住団連は200年住宅の実現を目標に掲げています。すでにハード面では、このような長寿命な住宅の実現は夢ではないといわれています。また国土交通省は、中古住宅市場の活性化のために「住宅履歴書」の制度づくりに着手しています。住宅履歴書によって住宅の質や管理状況が整備されれば、丁寧に維持管理している住宅ほど売買しやすくなります。

つまり住宅の寿命を延ばすことは、環境への配慮と資産価値向上の両立が可能になるといえます。そして住宅の長寿化のためには、制震や耐震で地震からのダメージを軽減することが有効な方法のひとつです。

▲ページTOPへ



施工のご相談・お問い合わせ
sitemap  Copyright © 2007 amica eco-tec All Rights Reserved.